弊社では、創業当初より事業とNPO活動を並行して活動を展開しています。

国内のみならず、海外においてはカンボジアやケニア、中国四川省涼山などさまざまな貧困地域への自立支援活動を展開。経済的・物資的な支援だけでなく、現地の方々との心の交流を通して、かけがえのない「良心の絆」を広げています 。

電気が使えない40億人のために

現在、貧困国や無電化地域などでは電気が使えないことにより、子供たちが勉強ができないことや、暗闇での出産や治療、また治安悪化による犯罪が改善されない地域で生活している人たちが世界には約40億人と言われています。

BOPのイメージ図。年間所得3000ドルに満たない人が約40億人いる

そのような「世界の課題」を技術力の高い日本企業の得意分野の実践と実績を共に、更なる支援活動の規模拡大とスピードと高めていくためにも、エネルギー分野において、新たなステージにチャレンジして参りたいと考えております。

 

貧困地域・無電化層に対する海外支援活動 「電力エネルギー」と「継続的収入確立」の支援

 

私たちと共に、日本の技術で世界の課題を解決していきましょう!

  • 海外の貧困層地域への課題解決に事業展開・検討をされている企業の方
  • 海外の貧困層地域への課題解決の研究されている大学関係者の方
  • 海外の貧困層地域への課題解決の製品開発・研究・製作をされているメーカー様

 

お気軽にお問合わせください

 

 

お問合わせはお気軽に

  • inquiry_go_form