太陽光買い取り3円下げ 経産省算定委案 14年度、34.6円に

経済産業省の有識者会議「調達価格等算定委員会」は7日、再生可能エネルギ一で発電した電気を電力会社が固定価格で買い取る制度に基づいて、2014年度の買い取り価格案をまとめた。企業などが設置する非住宅用の太陽光発電の買い取り価格は、13年度から約3円引き下げ、1キロワット時あたり34.6円(4月からの税込み)とする。13年度は前年から約4円引き下げており、引き下げは2年連続となる。

買い取り価格は、太陽光パネルなど発電設備の費用などをもとに決める。今回は、設備の性能が高まり、発電効率が改善したため、前年並みの引き下げ幅となった。

風力発電では、陸上よりも費用がかかる「洋上風力」専用の買い取り価格を新設した。洋上風力の導入を促すため、価格を陸上風力(20キロワット以上)より10円以上高い1キロワット時あたり約39円とした。陸上風力や、地熱などの買い取り価格は据え置く。ただ、専門家からは、太陽光の買い取り価格がまだ高い、との指摘もある。

<讀賣新聞 2014年3月8日>