地球温暖化、太陽光や風力などの再生可能エネルギー導入など、資源に乏しい日本では、持続可能な暮らしを推進し、低炭素社会を実現することが必要です。
また2015年開催のCOP21においては、2030年までにCO2を26%削減することを目標とし て設定しています。
そのためには、1つの「街」を構成する産業や人口、そして各自治体により設定されている「地方創生総合戦略」に伴う課題解決策に準拠したエネルギー需給システムの構築を進めていくことが肝要となります。
その街にある「地域資源」を活用した1次産業の活性化と産業化を実現するべく、中・長期的なビジョンに則った官民の連携によるネットワークをベースにしていくことを描いて参ります。

 

 

ガイアシステムの環境エネル―ギー事業サービス範囲。再生可能エネルギー活用。林業、漁業、農業の最新技術取扱。災害に強い街づくり。新しい社会モデルを創造します。

 

お問合わせはお気軽に

  • inquiry_go_form